心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪妻に変身

皆様。
(ちょっと遅めのご挨拶となりましたが…)
明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いします 


さて。
この年末年始は4年ぶりに
夫の実家 でお正月を迎えた。

  結婚以来、お正月は毎年相方の実家で過ごしています。
  今回はロンドンから帰国して初めての帰省。

夫の実家は北九州から大分方面に  で1時間ほどの田舎。
 のお向かいは  ゴルフ場といえば
田舎度合?がお分かりいただけるでしょうか。

そんな田舎でも、不思議なもので
何十回と帰省していると、身体に馴染んでくるらしく
実家に戻るより楽だったりする…。

そんなせいか、どうか…夫の実家 にも関わらず
私の 帰省中の 態度は、かなり・・・でかい

田舎の朝は早いにも関わらず、起きるのは8時過ぎ。
(義父も義母も、私達が起きるのを(根気強く)待っていてくれる。
…すいません  )

既に朝ごはんの支度は出来ているので、
テーブルの準備を、パジャマのまま 手伝う。
(両親は、もちろん着替えています。)

日中も、特に何をするでもなく、TVを見たり、本を読んだり…お昼寝もしちゃう
飽きてくると、相方と外出してフラフラ
(フラフラといっても、田舎なので出かける場所もあまりないんだけど。)

自分の実家ではないし、勝手も出来ないわ~」と掃除をするでもなく
買い物にいくでもなく…。
唯一やるのが、食事の後片付けのみ。


もちろん、新婚当初は帰省の度に張り切っていました。
朝も6時前には起きていたし
掃除・洗濯その他諸々…お手伝いも試みたりね。

ただ、義母は何事にも手早い上に抜かりがない。
新米の私は、
当然、絶対、死んでも太刀打ちが出来ない。

で、何度目かの帰省時、真剣に考えた結果が…
「無駄な努力はやめやめ」
「何もせんとこう~」



以来、帰省中は全ての家事に手を染めず
のんびり過ごす事にした結果、こんな事も…。

例えばお洗濯。
  義母 「洗濯物出しとき~。洗っておくけん」
  私   「は~い。お母さん。お願いしま~す   」

稀に早起きした時は
  義母 「まだ寝てていいけん、寝とき~」
  私  「そうですか じゃ、あと30分 」



そんな‘悪妻に変身’する私でも
「そろそろ、長年のこの態度改めていかないといけないわ~」と
考え始めたこのお正月。

というのも、4年ぶりに両親と数日過ごしてみて
彼らの高齢に伴う、いろんな変化を目の当たりにしたから。
離れていたから、余計に感じるのかもしれないけど。

人間は、いずれ誰でも年をとる。
悲しいけど、身体の機能もそれなりに衰えていくのは当たり前の事。
今までお世話になった分のご恩返しの時がやってきた…ということでしょう。

次回からは ’良妻に変身’したいと思います 
さて、何時に起きるかなぁ~。

スポンサーサイト
投稿コメント

>y-sさん

最近、周りの高齢化?を感じて、改めて自分の年を
実感する事が多いんですよね・・・。
順番だから、仕方ないことだけど親が年をとるのって本当に切ないデス。

あ。今、ふと思い出しました。
結婚からしばらく経った時の彼の両親が一言…
「女の子を育てた事がないから、ようわからんけんね~」
その時は、自分に都合のいいように解釈したんだけど
もしかして、
「(私の行動が)理解できない」という意味だったのかなあ・・・
ま、今更ですが。(笑)

両親の変化

こんにちは♪久しぶりに両親に会ったりすると、急に年老いていたりして切なくなりますよね。その度に自分のことだけ考えれば良かった時代は終わったな~と思ってしまいます。特に海外に住んでいたら尚更。でもご主人のご実家でくつろいでいる直美さん、すっかり家族の一員なのね!
きっと義理のご両親も本当の娘のように思われているんでしょうね^^

>keikoさん

悪妻ぶりは、実は…かなり割愛して書いてます。
従兄弟なんかも、時々見てるようなので
ちょっと遠慮して?みました(笑)

でも、keikoさんが羨ましいです。
英国人といっても、いろいろだと思うし
keikoのお義母様、いい方なんですね~!
「夫の実家で過ごす嫁の生活」としては理想的だわ♪

いやいやいや、私のほうが、もっともっと悪妻です。
まだ結婚して6ヶ月ちょっとなのに、張り切る気もない。。。
結婚する前から、しょっちゅう旦那の実家には行ってましたが、朝は9時半まで寝て、その後、広いバスタブで朝風呂。
やっと10時半ごろに下へ降りて、朝ごはんを無言で待つ。
せっせと用意してくれる義母。その後犬と散歩、ソファーで昼寝、街に買い物。と自分のしたいように過ごす。
ディナーの後は、食器をキッチンに運ぶのみ。基本的に洗物はそのまま。

以前は気を使って、義両親がベットに行くまでは起きて、リビングで話したり、テレビを一緒にみたりしてたのですが、最近じゃ、眠いから。と一人で先にベットへ。

日本に嫁いでたら、完全に追い出されてますよね。
それでも、私達が遊びに行くと、喜んでくれます。もう少し、お手伝いしないと、、、といつも思ってますが、、、、。

初々しいごんちゃんが羨ましいです!
私にも確かにそんな『季節』があった…。

そういえば、去年の一時帰国の時は
相方が時差ぼけで早起きしてた「おかげ」で
私が起きる順番は、いつも最後。
で、毎朝義父に
「直美さん…。そろそろ起きんかね。わし、腹が減った」
と起こされてました。(笑)

こちらこそ今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

旦那様の実家が『居心地がいい』なんて羨ましいし、PRIYAさんの人徳ですねぇ。
確かに新米主婦は、主婦歴○十年の義母に家事は追いつけませんよね。無理にやって迷惑掛けるより、大人しくしていた方がいいかもしれないですね。私の義母も似たような人なので、次回はそうしようかしら。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/151-4e2c999d

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。