心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国暮らしで恋しい日本食

海外で生活していて無性に食べたくなる日本食。

人それぞれだとは思いますが


私の場合、それは


霜降りで
柔らかくて(お箸でちぎれちゃう)
備長炭で焼いて食べる

東京の自宅近くにある焼肉屋さん。 「黒牛」の焼肉!

写真と黒牛の焼肉は、無関係デス
e3869c36.jpg


これ以外の日本食については、実はたいして気になりません。
もちろん
日本にいるのと同じ食事をすることは無理だけど
大抵のものは美味しいし、
日本食も無理なく(外で)食べられるから。

これに対しては「反対」意見も多いかと思いますが…。


実は十数年前にもロンドンで生活しておりました。
その経験があるから、今の状況「全く問題なし」と感じる事が
出来るんだと思います。

その当時、サッチャーさんの大改革で
イギリス全般の生活が結構「底」でした。

当然、今以上に食事情は悪かったので

*今はなき、某日本食スーパーでは90%賞味期限切れの日本食の
賞味期限の上に新しい賞味期限のシールを堂々と貼って、日本の2-3倍価格で売ってました。
そんな時代です。ロンドン昔話…。



美味しい日本食をお店で食べるなんて、まず無理。

それで今も昔も変わらず「美味しい物を食べるならパリ」ということで
パリに行くと必ず日本食レストランに行ったものです。


さて

ここからが、今日の本題。(前ふりが長い…)




そんな昔、パリの街中で

   ダンナ「今日はなに食べる?」

   私  「お寿司!!カウンターでお寿司ーー!!」

topleft.jpg



と、日本にいたら絶対言わないような要求を出して
お寿司屋さんに行きました。


らっしゃい!!

という威勢のいいお出迎えの言葉(日本語)を聞いて
「じん」としながら

着物を着たお姉さんに連れられて、いそいそとカウンターに。


「よし!!食べるぞ!!」
と意気込む私のところに板さんがやってきました。


「さ、何いきましょー!!」

顔をあげて・・・固まった私。


・長い髪の毛にポマード(香りつき)べったり
・仕事着の下に変なTシャツ
・長い・・・爪



(いけない。人を外見で判断しちゃいけない。ここは外国!)

恐る恐る注文して出てきたお寿司を見ると

生温かいしゃり

鮮度悪いんじゃないの?風お刺身

(いけない。食べ物は食べなきゃわからない。それに…ここは外国!!)

・食べた途端崩れおちるしゃり
・上にのってるお刺身の味… 表現不可能





たまたま、今日、パリのレストランのことを友達に聞いたところ
(この彼女は、つい最近までパリに住んでました)

「パリのお寿司屋さんね。なんちゃってが多いよ。
「中国人が経営してるところ多いみたいだし、日本人のまねして握ってる感じ」

ということのようなんですが…。彼、正真正銘の日本人だったなあ。


そんなわけで、
昔も今も、パリの寿司事情は変わっていないみたい。

パリで「お寿司を」と考えている貴方。
よく見極めてからお店にはいりましょう!


スポンサーサイト
投稿コメント

leira 様

今回は、サンジェルマンにある有名なお蕎麦屋さん
「円」に行って来ました。

お蕎麦屋さんなのに、なぜか天丼を頼んだ私の感想は「普通」です。
夫のお蕎麦は美味しかったみたい。

そうなんですね。

パリでお寿司はいただいたことがなかったのですが、いまいちなのですね。
なるほど・・・
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/19-c370ae25

写真♪素質あり!?

こんにちは、ジャッキーです。今日もクリック、ありがとうございます♪→人気blogランキング 最近、運動不足だったのでひさびさに山に登ってきました!山といってもハイキン

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。