心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白からグレイに

日本とは水質が違うイギリスで「お洗濯」を繰返すと
確実に‘白物’は‘グレイ’に。

イギリスに来た当初、スーパーの洗剤コーナーの前で
「漂白剤はどれがいいのかな・・・」と眺めていた時
いきなり、背後から

「これ、い~わよ!」
「私も子供のためにこれ使っているの!」
「お勧めよ。使ってみたら!?」

と、半強制的にシートタイプの漂白剤を手渡されました。

ちなみに、この方。全く見ず知らずのイギリス人。
こういう事、なぜかよく起こります。
ある日、スーパーで、紅茶を眺めてたら、
「これが安くていいわよ」
「すぐ色が出るし、他のブランドと変わらないから」
「これお薦めよ!!」

と、やっぱり紅茶の箱を手渡されました。買わなかったけど。(笑)



「ホントかな…?」と 思いつつもとりあえず使ってみましたが・・・あまり効果を感じない。

その後、とっかえひっかえ色々とシートタイプを使ったけど
いまひとつ。確かに、お洗濯後のシートはグレイにはなるんだけどね。

で、最近使い出したのがこれの最新バージョン。

漂白剤



Oxi action MAX となっているので、多分↑の新製品で、さらにパワーアップしていると見込んだのですが。(少し前まで、さかんにTVでコマーシャルを流していたような気もする)

まだ、数回の使用なので効果のほどはわかりません。
が、今度はヒットして欲しい・・・。


みなさま。どうやって をキープされているのでしょう??
スポンサーサイト
投稿コメント

JoUJlfZhBsQQ

ろくろく さま

アドバイスありがとうございます。
こういう情報って、なかなか伝わってこないのでとても助かります。
きっと、知らないままに帰国する方も多いのでは。。。(前回の私のように)

ろくろくさまのコメントにある「カラーキャッチャー」は、そういえば
以前使った事がありました。ただ、白と柄物を一緒に洗っていたので
ひたすら、シートがグレイになるだけでさっぱり効果を感じられなくて
使うのを止めてしまいました。
その時は、「やっぱりイギリスの洗剤は高いだけで効果ない。」と思ったのですが、原因は自分だったんですね。。。(反省)

面倒くさがりの私には、全て仕分けて選択する、というのは
かなり高いハードルですが、そんな事は言ってられないですね。
明日から、お二人のアドバイスに従ってお洗濯してみます。♪

カラーキャッチャー

priyaさま、leiraさま、

わたしもロンドン来たての頃(7年前くらい?)、洗濯物を染めたり、縮めたり、やっぱりいろいろ失敗しました、日本のやり方で、英国の洗濯機の表示をそのまま信用していたもので(^^;)

今はleiraさまと同じく、白と柄物(黒・紺系と赤・黄系)くらいに分類してます。洗濯洗剤までは分けていませんが、色柄ものの時にはカラーキャッチャーと呼ばれる色落ちした染料を吸い取ってくれるシート(漂白シートの横に並んでますね)を使っています。
こちらは硬水なので色落ちしやすいようですね、防止にウォーターソフトナー(ウチは重曹)を使うのもポイントだそうです。

うちの夫はアトピーなのでワセリンをソフトにしたクリームを全身に常用していて、下着などに付着します。
以前気にせず一緒に洗っていたら、洗濯中、油がワタシの衣類に再付着し、結局随分寿命を縮めてしまいました。
現在は、
夫・白もの/夫柄物(濃い系)/柄物(薄い系)
妻・白もの(薄い系)/柄物(濃い系)
娘・白もの(薄い系)/柄物
と個人別にさらに細分化してお洗濯しています。
娘と私のは時々一緒に洗ったり、タオル類は色が一緒のヤツと一緒に洗いますが・・・不経済で環境にやさしくないですね(苦笑)

leira さま

そうなんですね~!知りませんでした。
早速やってみます。ありがとうございます♪

でも、確かに不経済ですね&面倒だわ。。。
うちは2人しかいないのに異常に洗濯物が多いし
トリートメントで使うバスタオルもあるしなあ。

ちなみに漂白剤買って使ってみました。
が、なぜか、全部解けずに固まりで残ります。
まあ、イギリスだからしゃあないで片付けたけど。

ああ、こんな時日本製品の優秀さをつくづく感じます。。。

私も来たてのころは、よく白のものをグレーにしてました。ピンクもピンクグレーに。
白はグレーになるしかないのかなぁ、とあきらめていました。

そして・・・

こちらでは、日本の昔みたいに、白は白のものしか洗わず。(洗剤も白用)
色物は色物(洗剤もカラー用)でしか洗わないということを今の旦那から教わりました。

白物だけ同士で洗うと、グレー度になる確率がぐんと減ります。

タオル、コットン系は60度で洗うと白さが保てます。

化学繊維系は30度であらう。

色物もピンク系、ブルー系、と同じ色物同士であらうと色が保てます。
(30度で)

不経済ですなぁ。
日本だったら、一緒にあらっても問題ないのに。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/26-81f6c168

ロンドン&我が家の洗濯事情

同じFC2でロンドン滞在日記ブログをお持ちのPRIYAさんがロンドンの洗濯事情について書かれていて、全く同じような経験を持つわたし。PRIYAさんの「白からグレイ」にというタイトルの

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。