心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで車の運転

イギリスで車の運転をしていると、良くも悪くも
「昔はこんなじゃなかったなあ・・・」と感じる事があります。


その1 
 ゆずりあいの気持ち。右折や脇道からメインの道路に出る時に特に感じる。
昔は、ちょっと待っていると対向車線でも車を停めて道を譲ってくれる人
(特に、男性に多い。やっぱりジェントルマンの国なのね)
が多かったけど、今はかなりの確率で待たされる。

その2
 対向車線の車が、よけずに突っ込んでくる。 (特にバス&女性ドライバー。)
両脇駐車されてて、すれ違う為のスペースがどう考えても狭すぎる時でもお構いなし。
何度ハラハラしたことか・・・。
 

その3
 全体的に、走っている車がきれい。信じられないと思いますが、
昔いた頃「木枠の車」走ってました。
決して、アンティークではないからそういうモデルだったのかな?

あと「べこべこにへこんでる車」や
「いつ洗車したのかなあ?」というくらい汚れた車も多くて
全体的に汚かった印象あり。
窓ガラスが割れてて、それをビニールシートで塞いでる車もよく見かけました。
(この手は、今でも時々見かけるかも)

まあ、車がへこんでても、洗車してなくても、
ちゃんと走るならそれはどうでもいい事なんだけど。


残念だと感じるのは、全体的なマナーというか、モラルが下がったな・・・ということ。
日本も、この十数年前で「モラル」「マナー」は変化して(下がって)いると思うから、
一概に○×はつけられないのかもしれませんが。
時代の流れということでしょうか。


あ。ひとつ昔も今も変わらない事を思い出しました。
「その1」の譲り合いの気持ちに関連することですが

「Please」が完全になくなる場面に遭遇する事が時々あります。
それは、道路工事や事故その他、何らかの事情で大混雑している場合。

皆、周りの状況を全く把握しようとせず「自分の行きたい方向」
どんどん進んでしまう。

そして、最終的にスタックして身動き取れない状況を作り上げる。
こうなると、もう最悪。

実は、今日も、出先からの帰り道、住宅街を抜けようとしてそんな場面に巻き込まれました。
前後左右からどんどん車がやってきて、小さなT字路で完全お手上げ状態に。

住宅街を走行中、前方が大混雑してたので、見通しの良いL字の脇道に入って
混雑をすり抜けようと思い、その脇道に侵入(前の車の真似したんだけど)。
で、出口に到達したと思ったら私に向かって直進してくる車が1台。
そこで、完全にスタック。

ドライバーのお姉さん。両手挙げて「何やってんの?」という感じで
怒ってたけど

 ・私は、99%出口?まで来ている
 ・後続車たくさんあり
 ・道路幅1台分のスペースしかない!

しまも、彼女の視野にその状況は完全に入っている!!
なのに「入ってこようとするあんたが悪い!!」
と思うのですが・・・。

一時は、ホントどうなるか思いました・・・。

ちなみに、こうなると「退いてたらいつまでも帰り着けない」ので
最終的には、イギリス式に行動します。
郷に入っては郷に従え。

こういう場面、日本ではあまりお目にかかったことないな…と思うのですが。
どうでしょう??

‘Smart’だったら、絶対に楽・・・。
スマート


スポンサーサイト
投稿コメント

かつらぎ さま

お国柄の違い、面白いですよね。
でも、時々死にそうに恐い目に会います。。。

パリのタクシーでは、車間の短さにびびりまくり
カイロのツァーバスでは、何度か横から追突されそうになりました。

そういえば、イスタンブールの雪道では
絶対バスが横転するかと思うほどのスリップも経験した事が・・・。

お国柄

ブログにコメントをいただき、ありがとうございます。
色々な国によって、性格があるのでしょうか・・・イギリスの交通については全く知りませんでしたが、日本よりは自己主張が強いのですね。
仏で特徴的なのは、クラクションです。もう、すごく鳴らしていますよ!
またイギリスのお話が読めることを、楽しみにしております。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/27-776cb2a3

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。