心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディアンヘッド・マッサージ

先日、卒業したMHスクールのセミナーを受講してきました。
内容は「インディアン・ヘッドマッサージ」 。

この言葉からどんな事を想像されるでしょう。
アーユルヴェーダ?ヘッドマッサージ?
オイルを使うあのトリートメント?

トリートメントにご興味を持たれている場合を除いては
正直、なかなか、このトリートメントがどういうものか
具体的に説明できる方は(多分)少ないと思います。

そんな私も、アロマやリフレはわかっていても
インディアンヘッド・マッサージについてはあまり知識がありませんでした。
もともとは、言葉からもわかるようにインド発祥のマッサージで
遥か昔の4000年前から、そして今でも、インドの家庭で行われています。
(そういえば、私のインド人の友人も子供の頃、お母さんからやってもらったと言ってたなあ。)

西洋では1970年代イギリスに、治療目的として
初めて理学療法士にインディアンヘッド・マッサージが伝わったのが
そのスタートという事で、その後、人気が高まりコースとして学べるように
なったとの事。

そうそう、オイルは使いません。
(オイルを使うのは、アーユルヴェーダのシロダーラ)
着衣のまま
イスに座って(もちろんベッドもOK)行える
クライアント様からみたら、とても受けやすいトリートメント。

実は、ロンドンにいた頃、1度、某スクールのこのトリートメントを
受けた事があります。
でも、正直…あまり気持がいいとは思わなかったし
施術するセラピストがすごく疲れそうな手技だな…と感じた
記憶があります。
そんな、以前のトラウマで(苦笑)あまり良い印象のないこのトリートメント。
今回、母校のMHスクールとはいえ
受けるにあたっては、実際かなり迷いました。

「気持ちいい」印象がないって、やっぱり…ね。
でも、恩師から直接指導が受けられるし
もしかしたらロンドンでの経験は払拭されるかもしれない、と
一縷の望みを抱いて受講を決意。
結果は行って大正解!!
恩師の実技指導は、やっぱり素晴らしかった 

・・・なぜ、同じ名前のトリートメントで、その良さが違うのか。
   これは、ベースは同じでもその手技を指導する協会や学校が
   独自の手法を用いて、メソッドを編成・変更してしまう為だと思います。
   加えて、教えるサイドの(講師の)持つ技術力によるところもとても大きいはず。
   リフレもアロマも、鍼も整体にも同様に通じることだと思います。
   理論を理解していても、実践が少なければ技は磨かれない。
   そういう事もあるのかな。


ちなみに、インディアンヘッド・マッサージと「ヘッド」という言葉はついていますが
実際の施術割合は
背中&首70%、 両腕10%、頭部&顔20%位で、20-30分かけて
背骨、肩甲骨、肩、腕、首そして頭屋顔の筋肉を解して、血行を促していきます。

肩こりの私が受けてみて感じたのは
とにかく肩&首がと~っても軽くなったという事。

日頃、凝っていても自分では解しきれない
首や肩回りの筋肉。
あれだけ肌理細かく、丁寧に施術してもらえる
トリートメントってなかなかないと思います。
アロマもリフレとはまた違った「ゆるゆるリラックス感」が
極上ございました
(プラス、素敵なの事は、セラピスト自身も施術しても疲れないという事!)

今回の手技はアロマトリートメントに+αしても、もちろん有効だし
服を脱がなくてもOKなリフレに組合わせてもいい結果が出せると確信しています。
そんな風に感じているので、年明けには、既存メニューと上手く組合わせて
オリジナルバージョンも作ってみたいな~、と考えるだけでワクワク

早くお知らせできるように、頭脳&体をフル回転させなくちゃ。









スポンサーサイト
投稿コメント コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/295-a737aacd

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。