心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンでのIIRセミナー(その1)

今回のロンドン行きの目的。
それは私の所属するIIRインガムメソッド・リフレクソロジー
UK・Br. が主催するProfessional Proficiency Reflexology Seminarへの参加。

在英中は、なぜかこのセミナーの存在に気づくことなく帰国してしまった私ですが
今もロンドンに住むリフレ同期&アロマセラピストであり、大事な友人でもある
Tちゃんからこのセミナーの事を聞かされ、ほとんど即決でロンドン行きを決めました。

なぜ、それほどこのセミナーに参加したかったか。
それは IIRの創始者ユニス・インガム女史の甥で、現IIRのPresidetでもある
Dwight Byersから直接指導を受けることが出来ると聞いたから。

アメリカで生まれたこのIIRのリフレクソロジーがイギリスやヨーロッパなど
世界中に広がり、現在に至っている事は、リフレクソロジーを勉強した人なら
必ず知っているべき事実。
(もっとも、広がっていく過程でテクニックや反射ゾーンなど重要ポイントが
変遷されてしまい、結果的に、本来のリフレクソロジーの良さが伝わりにくく
なっている事も悲しいながら事実です。)

このテクニック、元々、物理療法士として病院勤めをしていた
IIRの創始者インガム女史が旧来からのリフレクソロジー理論に着目し
臨床の場で入院患者に検証しながら
理論&テクニックを積上げて確立されたメソッド。
そう、病院生まれのリフレクソロジーなんです。

リフレの勉強をはじめた頃、60症例のケーススタディをする過程で
その効果というか威力を目の当たりにしました。
例えば、便秘、下痢症状、不眠症や冷え性、生理不順…etcと諦めていた
様々な慢性症状が改善されたり、膀胱炎や風邪症状の回復が早まったり
その他書ききれないくらいの出来事にクライアンとの方はもちろん、私自身も
驚きの連続だったなあ。

そんなIIRのテクニックを創始者の間近で学び受け継ぎ&現Presidetの
Mr.Dwight Byersから直接教えてもらえる、それもアドバンステクニックなんて
もう願ってもないチャンス!
それに、彼は既に83歳と高齢なので、正直子の機会を逃したら、もう一生会う
チャンスはないかも…。
そんな気持ちで受講をほぼ即決して、渡英、ロンドン8日目にしてようやく迎えた
セミナーは予想以上にエキサイティング&実りも多い素敵な1日となりました。


まず、驚かされたのがMr.Dwight C Byersの83歳とは到底信じられない
溌剌とした元気なご様子&インガムメソッドの素晴らしさをさらに広め
もっと多くの人に知って欲しいという情熱の強さ。
これは、多分、彼自身が叔母ユニス女史の施術を受けた事で喘息で病弱だった
自分自身を克服した経験を持ち、また長年、多くのクライアントを施術して結果を
出してきているからこそなんだろうな・・・と思う。

そうそう、今回は彼のお孫さんMR.Jamesも同行していました。
はじめは「この子、随分若いなあ~。事務スタッフ?」なんて考えていたんだけど
Mr.Dwight C Byersの挨拶で「彼がお孫さんで指導スタッフ」という事が判明。
(失礼しました!)
17歳に見える27歳のJamesは教え方・説明の仕方が本当に上手かつ
彼自身のテクニックの素晴らしい事!!
Mr.Dwight C Byersが感性で説明するのに対して、Jamesはきちんと言葉で明確に
説明してくれるので、参加者はみんな「He is grate!」と驚いていました。
きっと、彼がMr.Dwight C Byersの跡を継いで、協会を発展させていくんだろうな~。

そんなこんなで、始まったセミナー。
午前中の前半は、Mr.Dwight Byersのリフレを通じた過去の体験・経験談や協会から
出版されている書籍、Goodsのポイントについて説明をしてくれました。

私の英語力では、全部を聞き取る事は到底無理だったけど、それでも
Mr.Dwight Byersの話は多岐にわたり、とても面白く、刺激的で
そして、役に立つものでした。

で、そんな話の中で、ちょっと寄り道した彼の話題の中で「そうなんだ…」と
思った事がひとつ。

それは、今回、彼が空き時間を使って、ロンドンのセントラルのとある
リフレクソロジーサロンで施術を受けた時の話。

60min45ポンドのセッションの途中、Mr.Dwight Byersが施術中の
リフレクソロジストに
「君はこれがリフレクソロジーだと思うのか!?」と質問。
「Yes」の答えに
「私はリフレクソロジストだが、これはリフレではない。」…etc
と言って(お金を返すよう求め ←これはアメリカ人的? )
セッション途中で帰ってきてしまった、というもの。

イギリスも日本と同様、アロマにしてもリフレにしても
当然のことながら、様々な協会の様々なテクニックが広がっていて
その質・内容の程度が千差万別なうえ、セラピストも玉石混合なんだな~と
改めて感じ、思わず心の中でため息をついてしまいました。

このほか、参加者からの質問にMr.Dwight Byersが熱く答えて白熱?したり
大いに盛り上がりました。
そして、いよいよ午前のメインイベント?Mr.Dwight Byersの実技指導の始まり始まり!

~続く~
気づいたら、こんなに長く書いてしまってました。
この後の話も、同じくらい書いてみたいと思うので…この続きは
また次回へ。

握力UPの秘密兵器GET!?
Mr.Dwight Byersは軽々と動かしていたけど、超強力なんだよね。このバネ…。
握力UP

Mr.Dwight Byersにサインを頂きました。
私のお宝本間違いなし。

サイン
スポンサーサイト
投稿コメント

>annさん

先日はトリートメントにお越し頂き
ありがとうございました。
私のトリートメントを受けて頂いた事で
ご自身の心&体がリセットされ
元気を取り戻して頂けるほど、セラピストとして
嬉しい事はありません。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

思いがかなって・・またこちらでお話を思い出しつつ
読ませていただいてます・・
私もとても長くなりそうで続き物で書かせて
いただくことにしました・・
初めてのお宅であのようにリラックスさせていただき
申し訳ないような・・でも大変嬉しく存じてます。
またよろしくお願いします。

>annさん

maribabaさんのご紹介で来てくださったんですね。
はじめまして&どうもありがとうございます!!
そして、どうぞよろしくお願い致します。

ご実家にお戻りの際、お時間ありましたら是非お越しくださいませ。
心より、お待ちしております♪

>Rinaママさん

身軽に出かけたおかげで、戻ってからのツケが大きすぎて
今、慌てふためいてます…。

>今月または来月あたり時間があったらぜひぜひ♪

嬉しいお言葉、ありがとうございま~す!
会えるの楽しみにしています (*^-^*)

はじめまして

maribabaさんのご紹介で伺いました。
実家が氷川台のそばなので
いつかうかがって見たいと思いつつ
まずブログとホームページ拝見させて
いただいてます。
どうぞよろしくお願いします。

お帰りなさいぃ~。なんて実り多いロンドン旅行だったんでしょう!!!
その身軽さがうらやましい・・・

4月のみき先生のセミナーにも参加できなかった私(春休み中だった)。
久しぶりにIIRのリフレを受けたい、9月になったらお願いしようと思っていたらばとっても忙しくて全く空いた日がなかった。
そしてさらに墓穴を掘って忙しかった11月。今月または来月あたり時間があったらぜひぜひ♪

セミナー体験の続編も楽しみにしています。あぁ、うらやましい。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/299-e639fd02

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。