心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早合点

昔から、思い込みがとても激しい私。

何かを始める、とか

夢中になる、とか

この思い込みの激しさで

頑張れたり、思い迷わずに物事を始められる。

という良いところもあるけど・・・。




大抵の場合

「やっちまったぜ・・・」という事の方が多い。

(列挙にいとまがございません。)


先日読み終わったダン・ブラウン『天使と悪魔』でも

この思い込みが災い(?)してしまいました。

amazom


この天使と悪魔。

何年か前

大ベストセラーになったダヴィンチ・コードで活躍した

ラングドン・シリーズの第一作で、以前からずっと読みたかった

念願の1冊。

先日、ようやく単行本が出た事を知り、早速上巻から読み始め

あっという間に下巻まで読破。(この間2.5日)


で、相方にも

「これ、おもろいで~!絶対読んだらいいよ~!!」と

勇み手渡した1週間後の昨夜。



相方 「中巻は??」

私  「え?上下巻の2冊やん。何言ってるん??」
    「おもろいやろ~!!ダンブラウン、ホンマにおもろいわ~」

相方 「 ・・・。」
    「でもさ、上巻の最後に「中巻に続く」って書いてるけど」

私  「え~。だって普通に下巻読めたよ。」
   「ちょい、みせてみ~」
   「・・・・
   「なんで??」

慌てて、カバーの後ろを見ると、天使と悪魔 上・・下巻 の中の文字。。。



相方 「おかしいと思わなかった?」

私   「全然!!」
    
    「でも・・・上巻の最後でこれから犯人捜しを始めたのに
    いきなり、バチカンで犯人を追いかけ始めたから
    ちょっと不思議な気はしたけど。」
    「展開早いな~と感心したまま、最後まで読んじゃった・・。」


相方、大爆笑。

そして一言。 「らしいなあ~」 


そうなんです。

私、この時まで完全に「上下巻2冊」だと思い込んでおりました。


「なんて、早いストーリー展開。ぐいぐい引き込まれるわ。」

「さすが、ダン・ブラウン!」と

完全に自分に都合のいい解釈をしたまま

一気に読破したわ~  って、してないやん。。。。


一番紆余曲折してながら、ハラハラドキドキするであろう

要の中盤部分をすっ飛ばしていた事に

指摘されてようやく気がついたわけで。。



ああ。私の人生、大体こういう展開なんだよなあ。


ま、いっか。

もう1回、初めから読み直そ 


スポンサーサイト
投稿コメント

>ごんちゃん

こういう性格を可愛いと言ってくれる
ごんちゃんは、女神様だわ♪
ありがとう~!!

読んでて笑ってしまいました。
Priyaさんらしい一面だな~って思えます。
テキパキしてる努力家に、ちょっと垣間見える可愛い素顔じゃないですか♪
でもその本、中巻を飛ばして読めるなんて珍しい本ですよね。
その中巻って読んでも読まなくってもいいのかもしれませんよ。(あ、作者に失礼かしら?)


コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/336-ea7677bb

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。