心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン・ミニキャブ事件

 初日レポートは、空港でのミニキャブ事件。

このミニキャブ。

ミニキャブ運営会社に電話するかメールで予約を取るので

道端で拾う事ができない。

料金は黒キャブに比べて安いけど、メーターはついていないので

乗る前に料金確認する事が必須。 このミニキャブ運営会社はたくさんあって、その対応も運転手の質も実に様々。

(はっきりいってぴんきり。)

いいところを見つけられれば、料金も安価だし、時間にも正確だし

利用価値は大きいと思います。

(以前住んでいた時は紹介されたミニキャブ会社を3年半ずーっと使ってました。)


で、今回。

空港からTちゃん宅への移動は昨年11月同様ミニキャブを利用したのですが。。。

前回利用したミニキャブ会社の運転手さんはとってもGentlemanでお話好きの

いい青年でした。

今回も「彼が来るといいな~。」と思いながらパスポートコントロールを

抜けたところで電話。でも、なぜか何回かけても留守電。

仕方なくTちゃんに電話したところ

Tちゃん「じゃあ、エマージェンシーに電話してみる。」

私   「なんでエマージェンシー?」
    「そういう名前なん?」

Tちゃん 「ちゃうちゃう~」
      「電話したら10分で来るけど、運転が荒いねん。」  
      「だから、よっぽどの時じゃないと頼まないの。」
      「でも、初めての人にはどうかなあ。」

私    「大丈夫。気にせんからええよ~。」


で、彼女が予約をいれてくれて「10分くらいで行くって」と聞き

私は言われた待ち合わせ場所に移動。

でも、来ないんだなあ。これが。

イギリスは何事も時間通りに動かない、と思っているので

ちょっとくらい待ってても全然気にならない。(←相方曰く、気にしなさすぎ・・だそう)

この間、時々、日本から持参したソフトバンクの携帯が鳴るものの

取ろうとすると切れる。。

「変やなぁ・・・」と思いつつ、焦ることなく待つ私。

でも 流石に待つ事20分以上になって、ちょっと変かなと思い始め。。。

「もしかして、場所がちゃう?」


この後、Tちゃん、そしてドライバーと電話でのやり取りが錯綜したのですが

結果的にいうと、待っていた場所が…やっぱり間違っていた。(汗)


私、自慢じゃないけど通算の在英期間はかなり長い。

でも、ヒースローからミニキャブで帰った事がないので

通常、みんながミニキャブに乗る場所を…知りません。

という事で、何の疑問も持たず

普通にarrivalの出口から出て、言われたとおり、

バスレーンを越えて黒キャブ乗り場を越えたところで

暢気に待っていました。

が・・・同じ場面設定がDeparture前にもあり(←そんなん、知らん!)

ドライバーの彼はそちらで待機。

そりゃあ、会えないわなぁ。。。


このドライバーさん。アラブ系で英語の訛りが強い上、

待てど暮らせど来ない私にイライラ&バカヤローモード。

D 「どこにいるんだ!!待っているのにいないじゃないか!!」

私「ずっと待ってますよ~。バスレーン越えて、タクシー乗り場越えた所」

D 「俺はずーっと探してるけど、いなぞー!!」

私「そう言われても。(今話してるやんか。。)」


この後、彼、怒ってるせいもあってかもの凄い早口で

「とにかく移動しろーーー!!」みたいな事言ってるので

スーツケース引きずってDeparture方向に進むと

ものすごいクラクション。

みると手を振り回して怒ってる。(ように見えた)




私 「よかった~。いたよ。」

まあ、結果的に会うことが出来たし乗れたからめでたしめでたし。


でも、彼ちょっと(かなり)感じが悪かった

(彼の)開口一番。

「ポリスがうるさいんだ!!」

「超過料金だ!!」

・・・って言われてもねぇ・・・

   前回も、実は別のミニキャブ会社のドライバーとなかなか会えずに大変だった。
   この時は「私、外の様子わからないから中で待ってる」という内容が
   オペレーターを通じてドライバーに伝わっていなかったのが原因。
   同じく、会えるまで30分以上時間はかかった。
   でも、この時の彼の第一声は
   「よかった。やっと会えたね!」
   「Welcom to London!」とお人柄を表す対応で、私もニッコリ
   

エマージェンシーキャブに所属の彼の運転は

聞いていた通り&予想通りでとってもワイルド&パワフル。

Fワード連発しながら

Uターン禁止のところでUターン、

右折レーンから左折レーンにいきなりの方向転換。

(&それを「No problem」と受け入れる他のドライバーたち。(笑))

お蔭様で、20分の道のりを楽しくドライブさせて頂き

無事、Tちゃん宅に到着できました。

これにてミニキャブ事件、一件落着~!!

って、事件と言うほどの事でもないなぁ。。


…教訓…

「人のふり見て我がふりなおせ」は万国共通。

気をつけようっと。

ケンチャン。お世話になります!
ken-chan



スポンサーサイト
投稿コメント

>Scipio Africanus くん

そっか~。
目指すは将軍のように強く逞しい男!?
10年後、期待してるね♪

scipio Africanus というのは

ローマ帝国の将軍です。
この人はHanibalを倒した人です。
早く日本に帰りたいです。
メイとソラと遊びたいです。

>Scipio Africanus くん

Kちゃん。
このニックネームどういう意味?

「寂しい」といってもらえて、とっても嬉しい♪
ありがとう~。
でも、また直ぐ会えるね!
メイ&ソラと一緒に楽しみに待ってます。
美味しいもの、たくさん食べようね~。

おつかれさま~

NAOMIさん、お元気ですか。
あっという間に一週間が経ちました。
NAOMIさんがいないと、ぼくはさみしいです。
今度日本に帰った時には遊びに行って、ねこちゃんに会いたいです。
とても楽しみにしています。
「おはし」&「築地」にいっしょにいきたいです。

>stipaさん

今まで、ラッキーな事に柄の悪いドライバーに
あたった事がなかったので
正直、ちょっと面食らいました。(苦笑)
Fくんの運転は、まあまあだったかな。

ああよかった~

ミニキャブ運転手、ガラの悪いのはほんっとに悪いので、ご無事で何よりです(^^;)
荒っぽい運転でも上手ければ時間短縮感謝!ですけど
この人はどうだったのかな(苦笑)。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/343-bdbbb99a

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。