心の悩み、抱えているストレスが和らぐと体の不調も自然と回復に向かいます。貴女が抱えている心と体の荷物をPRIYAでときほぐしてみませんか。
海外で学び、経験を積んだ国際ライセンスを持つセラピストが本物のリフレクソロジー&アロマセラピーレイキヒーリングをお届けします。
PRIYAからのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凝ってるんです・・・。

何に?
料理?
スポーツ?趣味?

いえいえ。そうじゃありません。
「凝る」は「凝る」でも、今日のお題は「からだの凝り」。


トリートメントにいらっしゃるクライアントの方の
ほぼ90%以上が、体のどこかになんらかの「凝り」をお持ちです。

その中で、やはり多いのが

・肩
・首
・背中
・頭
・腰

では、なぜ凝るのでしょうか??

凝り。つまり「筋肉が硬くなる」こと。
この凝りが強くなるにつれて、はりや痛みも感じるようになります。
そして、悪化するにつれその痛みはどんどん強くなる・・・。

いったい、なぜこのような事が起こるのでしょうか。
簡単なメカニズムをお話すると


1.自律神経の交感神経が興奮する事で筋肉が緊張する
          ↓
2.血管が収縮して血行が悪くなり、乳酸などの老廃物や痛みを感じる物質が筋肉に溜まる
          ↓
3.筋肉が痛くなる
          ↓
4.交感神経が興奮し続ける


この1~4が繰返される事で「痛みの悪循環」が出来上がってしまいます。

そして、この痛みをずっと我慢し続けてしまうことで
「脳に痛みの回路」が出来る 、とも言われています。

そうなると、脳の神経網は「痛み」の信号をより伝えやすくなり、
その結果、些細な刺激にも敏感になり、痛みが取れにくくなるんですね。


では「痛みを溜め込まない=凝りをためない」ために、何をしたらいいのか?


【お薦め】

・マッサージやストレッチ(特に入浴後の血液循環がよくなってからが効果的)で
筋肉の緊張を取り除く

・十分な睡眠をとる(この場合、睡眠の質も大切です)

・ぬる目のお湯にゆっくり入浴する(特に半身浴がお勧め)

・簡単な運動・筋トレで腹筋&背筋、脚の筋肉や足腰の骨を鍛える



このほか、ストレスの影響でも自自律神経のバランスが崩れて、交感神経の働きが強まります。
ストレスをためない事も大切!!です。 (・・・といっても、難しい話ですが。)

ようは、日々の生活のなかに「凝りをためないサイクル」を取り入れ、
かつ継続的に実行していくことが大切なのかもしれません。


(注意)
痛みの陰にガンなどの深刻な病気が隠れている事もあります。
おかしいと感じた時は、すぐに病院にご相談ください。
スポンサーサイト
投稿コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あざみの さま

コメントありがとうございます。
また、遊びに来てくださいね!お待ちしております。

ところで、ブログランキングのどこにとりあげられたのでしょう。
はて??

こんにちは

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でこのブログが取り上げられていたので、見にきました。私もブログをはじめようかなと思っています。又見に来ますね(^^)
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

http://priya.blog36.fc2.com/tb.php/46-b6bfa6c0

 | B L O G H O M E | 

BLOGOME

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。